赤ちゃんの暖房器具には遠赤外線ヒーターが安全でおすすめです

これから本格的な夏がやってくるので暖房器具が必要な季節はまだずいぶんと先ですが、寒くなってからあれこれ調べるよりも今のうちから情報収集をしておきたいですよね。
この記事では赤ちゃんのいる家庭の暖房器具について書きます。

赤ちゃんや小さな子供がいるとやはり第一優先は「安全性」だと思います。
エアコンの暖房機能は安全性が高いのですが、

  • 風が直接体に当たる
  • 風で埃が舞い上がってしまう
  • 外の気温が低すぎると頻繁に運転が止まってしまう
  • 顔はほてっているのに足が寒い
  • 設置してある部屋でしか使えない

などの欠点があります。

そこでエアコン以外におすすめなのが遠赤外線ヒーターです。
石油ファンヒーターなどと違って本体がそこまで高温にはならないので、赤ちゃんが本体にさわってしまっても高温やけどはしません。
そのため特に赤ちゃん用の柵などを設置する必要がありません。
他にも下記のような特徴があります。

  • 空気が汚れず換気が不要
  • 風が出ずに埃も舞い上がらない
  • 顔だけがほてりにくい
  • 部屋を移動して、洗面所や脱衣所でも使用可能

遠赤外線ヒーターの欠点としては、下記のような点が挙げられます。

  • 電気代が上がる
  • 石油ヒーターに比べると暖房能力が弱い
  • 寒冷地域や気密性の低い家では一台だけで暖まらないことがある

電気代に関してはどうしようもないのですが暖房能力に関しては、エアコンと併用して部屋の温度を上げる⇒その後エアコンを止めて遠赤外線ヒーターだけを運転させる、という方法で暖かさをキープできる場合もあります。

赤ちゃんのいる家庭におすすめの遠赤外線ヒーターの一例として下記の機種があります。
夢暖望880型H 赤ちゃんにも安全なおすすめの暖房器具(参考サイト)